成リンのハエ釣り一人旅

平成28年(前半)


 ●日本各地のハエ釣り河川へ旅に出ようと思っておりますが、しばらくは身近な関東周辺の河川から旅をする予定です。

俺の相棒、ジムニー・ランドベンチャー

河川敷内の悪路もへっちゃら、頼りになる奴です。

 

 成リンの戦闘態勢



  キャップとベストは 朝起きた時の気分で選びます。

 


 

 

 

  

★第4回 (平成28年7月下旬)

 

●大都会を流れる川、東京都・多摩川へ。                

  

 自宅を出発して間もなく渋滞にハマり、1時間20分以上かかって

 ようやく是政・南武線鉄橋上流に到着。

  わぁ~ 懐かしい風景だ! 

  

今から30年以上前、ここで是政の主・二階堂さん(現在、是政会顧問)

 と知り合い私のハエ釣り競技人生が始まりました。

ここ是政道場で雨の日も、風の日も、雪の日もハエ釣り修行にあけくれました。

  多摩川・是政は私のハエ釣り競技人生のスタート地点なのです。

 

さて、是政ヤマベは居るのかいな? とりあえず竿を出してみるか。

 身支度を済ませ南武線鉄橋上流の瀬落ちに入川。

  一投目で掛かった。 ちっちゃいけど二十数年ぶりの是政ヤマベだ。

 「おまえら、元気だったのかい。」 3尾、4尾、バタバタ連チャン、 結構魚多いね‥‥‥。

 

ちょっと黄色味(金色)がかって見えるのが是政ヤマベの特徴。

南武線鉄橋上流風景。ハヤとモロコがたまに混じるが、わりと外道は少なかった。

 

 

南武線鉄橋上流。2時間・203尾

中型・小型が多かった。


           是政橋が近代的な橋になっていた。ビックリ!

           昔、旧是政橋に付いていた照明を利用して夜の9時頃までハエ釣りをしていた。

            「あの頃はバカだったなぁ~。」  今もバカだけど (笑)

 

 

 

◆ 次に行ったのが是政橋上流の瀞場。

 

  小型が多かったけど魚影は濃い感じがした。

  今日は風があり水面にさざ波が立っていたので瀞場は好条件でした。

 

  

可愛いらしいモロコちゃんもたまに来る。

是政橋上流。瀞~瀞尻を攻めてみた。

時々鮎の跳ねもある。

 

 

 

 

 

是政橋上流。1時間・140尾

ここは思ったより釣れた。


 

今日の締めくくり1時間は是政橋下流に決めた。

 

 気張っていくぞ!

 

ラスト1時間をやる前に、是政橋下で

ちょっくらオシッコタイム(笑)

是政橋下流風景。瀬の開き~瀞にかけて1時間攻めてみました。水深のある所では良型もポツポツきました。

 

 

 

是政橋下流。1時間・128尾

 


 

      今日のビッグニュース

 

           

          幻の魚、ハヤベを釣った!

         

          (ハヤベの写真)

 

 

今日、最後に行った是政橋下流で、なんと、珍魚中の珍魚・ハヤベを釣ったのだ。

  

  以前、年配の人からハヤとヤマベの交配種がいる。と聞いたことはあります。

 でも図鑑にも載ってないし信じていなかった。でも、今日から信じるよ。(笑)

  

  水深80㎝位の瀞瀬を釣ってた時、キューンと横走りしたので「ハヤだ。」と思い引き抜いたところ、

手元で見たら銀色だった。あれ!魚体や顔はハヤなのに鱗はヤマベ。まてよ、これひょっとして‥‥‥。

  

  この写真では解りづらいのですが真上から見ると幅があって魚体はハヤそのもの。

 顔・背びれ・胸びれ・腹びれ・尻びれ全てハヤです。でも、鱗が大きく銀色で

 尾びれが黄色くヤマベなんです。またもう一つの特徴は、ヤマベの場合、

雄に限らず雌でも体側にうっすら縦縞模様があります。この魚は全く無地の銀色です。

  

  たぶん、何万、何十万匹に一匹の珍魚だと思います。

   

 きっと スケベなインディアンが

 ハエ子にあきたらずハヤ子にまで手を出しちゃったんだよ。(笑)

  

 

◆問題  もしハエ釣り競技会でこの魚釣ったら

                      1 尾としてカウントされるんでしょうか?

 

 ◆答え  0.5尾となります。 

   

  

◆理由  ハエの血が半分入っている魚だから。

  

                  ( ほんまかいな。)

 

 

 


 

  ◇ 今日は実釣4時間 ・ 471 尾でした。 

   (本当は471.5尾) ハヤベをカウントしていないから(笑)

   

   大都会を流れる川でこれだけ釣れれば十分だと思います。

  

  元気な是政ヤマベちゃん達に逢えたし、また、幻の魚ハヤベにも逢えて最高の一日でした。

 

 

 

 

 

● 次回のハエ釣り一人旅は9月中旬頃の予定です。

 

 (8月はアユ釣りに専念する為お休みとさせて頂きます。)

 

 

 

  

★第3回 (平成28年6月末)

 

●北関東を代表するハエ釣り河川、茨城県・久慈川へ出発だ。                

 

過去100回以上訪れている川で、私にとって馴染みの川です。例会や大会での

 数多くの想い出や、真冬に下小川鉄橋下流でたった1尾釣って帰った事などなど、

 久慈川での想い出は語りつくせません。また、盛夏には鮎釣りでもお世話になっている川です。

 

   この川が釣れないと関東のハエ釣りマン達は元気が無くなります。

  それだけこの川が我々にあたえるインパクトは大きいのです。

  

  昨年魚影が薄かったので心配なんです。では、ちょっと様子を見に行ってきま~す。

  

  自宅を出発して約3時間、久慈川・富岡橋に到着。

 

  川を見ると少し増水気味で濁りも入っていた。昨晩上流で雨でも降ったのだろう。

 瀞場にモジリが見える。ハエのモジリだろうか? とりあえず竿を出してみよう。

  

    一投目からハエだ。4尾、5尾、入れ食いジャン。あれ、キューン、変な引き。

 わ、ハヤだ。またハヤだ‥‥‥‥‥。

 

 

富岡橋上流。少し濁りが入っているせいか小バヤが多かった。ムツは思った程こなかった。

富岡橋下流。いい感じで釣れた所もあったが、やはり全体的にハヤが多かった。

富岡橋上下流。2時間・170尾

ハヤに悩まされながらの釣りだった。

ハエは殆んど小ぶりでした。


      今日はこいつが多くて参ったよ。

私、カワ・ムツオと申します。今日、成リンさんが来られる

と言うので御挨拶にきました。

「いいよ、挨拶に来なくたって。」( 笑 )


 

 

 

次に行ったのは一つ下流の橋、宇留野圷橋。ここは魚影が濃かったね。

 

  正直、こんなに釣れると思わなかったよ。

 

宇留野圷橋。めだかヤマベも混じり魚は多い。

一時、爆釣タイムも。

宇留野圷橋上下流。2時間・289尾

久し振りに忙しい釣りだった。


めだかヤマベが結構混じった。このサイズが釣れるので

よほどの事がないかぎり来年も大丈夫。

ミニインディアンもぽつぽつ混じる。


 

 

 

  今日、最後に竿を出す場所は資料館裏に決めた。

  

川に目をやると上流の瀬に鮎師が3人いた。少し見ていたらその中の一人が鮎を掛けた。

 型も良さそうだ。気になるね。

  ダメダメ、今日はハエなんだから。(笑) ハエに集中しなくちゃ!

   

 資料館裏の少し上流。  数はあまり出ないが、型ぞろいで

 面白かった。(下流で釣れためだかヤマベはこない。)

 

 

 

 

資料館裏上流。1時間・105尾

下流に比べて魚が一回りも二回りも大きい。 楽しいね ~。

写真の上の方に見えるインディアンは17㎝ぐらいです。

 

 

 


  今日は実釣5時間・564尾。昨年釣れなかったので心配して来てみたのですが、

 来て良かった。

 

 今年は特に下流域が魚影濃い感じでした。おそらく秋はウハウハでしょう。(笑)

 


                                 若竹が天に向かって伸びていた。

 

 

 

 

◎ 今日は楽しい釣りでした。 (*^-^*)

 

 せっかく久慈川まで来たのだから美味しい蕎麦でも食べて帰ろう。

  (久慈川沿いには蕎麦畑も多く昔から美味しい蕎麦屋さんが多いのです。)

 

 

 素敵な店構え。

店主に聞くと、粗びきのそば粉を混ぜ合わせて打っているとの事。独特の食感でなかなか美味。いや~満足、満足。


 

 

 

 

● 次回のハエ釣り一人旅は7月末頃の予定です。

 

 

 

 

 ★第2回 (平成28年6月上旬)

 

● 上州バエに逢いに行こう。                

  

  二十数年前、爆釣河川として名をはせた群馬県・鏑川。しかしその後ハエが激減し

 訪れる釣会はほとんどなくなった。あれから20年、今どうなっているんだろう?

 そんな思いに駆られ、いざ、鏑川へ。

 

 自宅を出発して約2時間、群馬県・鏑川の多胡橋下流に到着。小雨が降っていた。

 

  川を覗くと昨日降った雨でかなり増水している感じ。早速レインジャケットを着て準備万端。

 藪をかき分けて分流に入川した。

  まずは増水時のセオリー、ヘチ際から攻めてみる。

  数か所竿を入れてみたがまったくアタリ無し、何かいやな予感‥‥‥。

 

 ようやく岩盤のヨレでぽつぽつ釣れた。

 魚は小さいが良く走る、上州のハエは元気がいいわ。

 

 

 

多胡橋下流の分流。

前日の雨でかなり増水していた。

岩盤のエグレでぽつぽつ拾い釣り。

ヘチ寄りで小型のニゴイが一匹掛かった。ハエは数匹釣れるとアタリが遠のいてしまう。

 


口が尖って勇猛な顔つき、これが上州バエだ。

どこか国定忠治の面影が。

 

 

2時間・72尾。 今日は釣れそうな所が釣れなかったり、

   変な所で釣れたり、場所が読めない。

 

 


 

 

次に行ったのは下流の入野橋上流。ここは特に魚が薄かったね。

 

  マキエばっかり使っちゃったよ。(笑)

 

ここはきつかった。ヘチ寄りは青ノロがへばり付いているし、岩盤回りは増水し濁っているので細かく攻めれない。苦しかったよ。

ヘチの石には青ノロがへばり付いていた。水質があまり良くないんですね。

一時間・30尾

釣りと言うよりは、歩きっぱなしで川を散歩してた感じ。(笑)


 

 

 

  今日最後に選んだ場所は、二十数年前に爆釣した鏑川橋上流の瀞場。

    

   最後ぐらいスカッとした釣りをしたいなぁ~‥‥。よし、気合を入れて。

 

 

 瀞場に無数のモジリが。やった、これは爆釣だ!

しかし近づいてみると大群のアメンボウだった。(笑)

 

 

 

 1時間・54尾。最後も思うように釣れなかった。

 

 

 

 



     

   今日は実釣4時間・156尾。なかなか厳しい釣りでした。鏑川は復活するまで

 かなり時間がかかる感じです。釣りの途中、たまたま漁協の人と土手で遇ったので話を聞くと

  ブラックバスが異常繁殖して困っているとの事でした。

 

 

                                                          今日は上州バエに完敗。 成リン疲れたよ。

腹がへったので上州名物・ひもかわうどんでも食べて帰ろう。

 

 

ちょっと濃い口の茸汁がこの麺に良く合うわ。 忠治親分も食べたんだろうか?

 

 

 

 

次回のハエ釣り一人旅は7月上旬頃の予定です。

 

 

 

 

★第1回 (平成28年5月中旬)

 

●静岡県・南伊豆の青野川へ行ってきま~す。                

 

 自宅を出発して約3時間半、青野川の下小野橋上流・パーマ屋さんに到着。川を覗くと

昨夜の雨でやや増水していて若干の濁りもある、コンデションとしては最高です。

 

 ここのパーマ屋さんは、私が初めて青野川に来た28年ぐらい前からあるお店です。

また、このパーマ屋さんの前は通称(パーマ屋前)と言われ、青野川でも一・二を争う人気ポイントです。

 

久し振りの青野に胸がワクワク、早速身支度を済ませ入川。

二投目できたのは15㎝ぐらいの丸々太ったメス、よー引くわ。

5月のハエは引きが強くスリリングで楽しい~。

 

 

 

奥に見える赤い屋根の家がパーマ屋さん。そのすぐ上流の瀞瀬、ここは型がそろいました。

 

パーマ屋さん上下の釣果。2時間・154尾。数的には不満ですが型がまずまずだったので楽しめました。

 

 

 


   パーマ屋さんの下流にある大ケヤキ。

 

  20年以上前、ここで釣りをしてた時、突然の雷雨でこの木の下に逃げ込んだ想い出の木です。

 でも今考えると雷は木の下ダメなんですよね。(笑)

 

 なにか威厳があって私の好きな木なんです。

  

  

 

 

次に行ったのがいしい橋。ここは橋のすぐ上流に堰があって、堰下が本命ポイント。

 

  いつも数が出る所なので期待して行ったのだが‥‥‥。

 

 

  いしい橋上流堰上。ペースが悪くてすぐ止めた。

 

 

いしい橋上流堰周辺の釣果。2時間127尾。堰下でぼつぼつ釣れましたが全体に魚が薄い感じ。

 


「もう二度と俺に釣られるんじゃないぞ。」と一声かけて放流するのが成リン流。

 

 

 

最後は爆釣で終わろうと選んだのが一条川合流点、ここも青野川では人気のポイントです。

 

 気合を入れて入川したのだが‥‥‥。この場所は今日一番釣れなかった。

 2、3尾で止まってしまう所が多くぜんぜん数が伸びない、

 なんでこんなに出ないんやろ‥‥‥。ガックリ。

 

 

一条川合流の瀞場。橋の上から見ていたがモジリがなかった。

今日一番楽しみにしていた一条川合流上の瀬。鮎がビッシリ付いていて全然ダメでした。

私の好きだった高校前。しかし今はボサが多く流れも単調で魅力が無くなった。


                                        1時間・45尾。一条川合流点は期待外れでした。


 

今日は実釣5時間で326尾、予想していた半分以下の釣果でした。以前の青野を知っているだけにちょっと面喰いました。この川は15回ぐらい訪れていますがこんなに魚影が薄いのは初めてです。今日は、たまたま雨の後で条件が良かった為に3束越えが出来たと思いますが、これが平水であればかなり厳しかったと思いますよ。

 

今の青野は皆さんにあまりお勧め出来ません。

 

 

 

                       南伊豆の山々はもうすっかり緑が深く初夏の風景でした。

 

 

 

 

                             ◆ せっかく伊豆に来たのだから金目でも食べて今日の釣りの反省をしなければ。

 

                        反省してる顔かよ。

 

今日は日中暑かった。金目の煮つけと黒鯛のお刺身でちょっと一杯。癒されますね~。

                           釣りよりこっちの方がいいかも。(笑)

 

                           このお店の金目の煮つけは絶品ですよ。下田に来られた時は是非立ち寄ってみてください。

         

                           「魚助」さん  ☎0558-27-3330

 

 

●次回のハエ釣り一人旅は6月中旬頃の 予定です。