成リンのハエ釣り一人旅

平成30年(前半)


 

今年も釣りまくるぞ!

 

 

 

第20回 (平成30年7月中旬)

 

新潟のハエを釣ってみたい。思い立ったが吉日、五十嵐川と渋海川へ出発だ

 

 当初の予定では五十嵐川と信濃川本流だったのですが、信濃川上流域の長野県で記録的豪雨が

  あり、急きょ渋海川に変更しました。

 

 

新潟県は、鮎釣りでは何度も訪れていますが、ハエ釣りでの釣行は一度もありません。

 新潟県にハエはいるのだろうか? 多分いるだろう。でも成リンは多分が嫌いなんです。

 この目で確かめたくて越後へ出向く事にした。

  

 朝4時30分に自宅を出発。8時15分頃、五十嵐川の下田大橋という橋に到着した。河川敷き

 に車を停めて川を覗いた。水が少ない感じです。早速着替えて橋のすぐ下流の瀬落ちに入川した。

  撒き餌を打ってだいぶ振り込んだがアタリが来ない。場所移動しようと思ったその時、アタリが。

 18cm位のハヤ(ウグイ)が来た。 続いてハヤ、そして2、3回空振りした後に水中でグッと止まる様な引き、

「これハエだ!」 抜くと銀鱗がまぶしい13cm位のハエでした。「これが越後のハエか。」

しかしその後はまたハヤばっかりで なかなかハエは来なかった。

 

下田大橋下流。

下流の瀬肩まで探ったのだが、たった5尾。

ハヤは濃いがハエは極薄。

下田大橋上流。

「ここのチャラ瀬は拾えるぞ!」と思ったが甘かった。ここもハヤだらけ。

もう打つ手がない。

 

 

下田大橋上下流。

2時間・22尾。

この川、ハヤ釣りやった方がいいよ。


 ◆次はもう一つ下流の橋に行く予定でしたが、五十嵐川はあまりにもハヤが多いので、午後から

 明日予定していた渋海川に変更することにした。

 

 渋海川へ行く途中に上杉謙信公の座像があるというので立ち寄って拝謁する事にした。

 謙信公は私の憧れの武将です。

 

越後の虎・上杉謙信公座像

 

座像の前に立つとただならぬオーラが‥‥‥。「 謙信公とハエ釣りの勝負してみたかったなぁ~。」

 

 

 ◆謙信公にお別れした後、渋海川の渋海橋へ車をとばした。渋海橋に到着し土手に車を停めた。

 川を覗くとかなり減水している感じです。

 「岐阜や長野は連日大雨だったらしいのに新潟はたいして降らなかったんだなぁ~。」

モジリが結構見えるけどハエなのか? ヨシッ! 気合入れて橋の下流と上流を1時間半づつやってみよう。

 

 

渋海橋下流。

ここは変化があり攻める場所は多かった。五十嵐川よりは

ハエが多い感じがした。でも、この川もハヤは多く混じる。

 

渋海橋下流。 1時間30分・52尾。

割と型が揃っていた。この川は意外にハエの付き場が読みづらい。


渋海橋上流。

橋の上の瀞は5~6cmのハヤが餌を突っついてどうにもならんかった。400m位上流の瀬周りででポツポツ。

 

 

渋海川上流。 1時間30分・37尾。

ここの魚は馬力があってよく引いた。

数は出ないけど面白かった。

 


  五十嵐川では2時間・22尾。 渋海川では3時間・89尾。 合計5時間・111尾でした。

  

 今日は一日中曇り空で、たま~に陽が差す程度だったので暑さは楽でした。

 

 五十嵐川で釣ってた時は、「成リンのハヤ釣り一人旅」になるかと思ったよ。(笑)

 でも渋海川ではハエ釣りらしい局面も随所にあり、やれやれって感じでした。

また、成リンも気張って釣ったのでそれなりに楽しかった。

  明日も渋海川でやろうと思います。でも今日の場所とは違う場所に行ってみようと思っています。

  

 宿に帰って風呂を浴びたら「気持ちいいー!」

 ちょっぴり越後の空気が吸いたくて外出した。宿の人に紹介して頂いたお鮨屋さんに出かけた。

 

  

板さんに、新潟の地魚を握ってほしいと頼んだら、沖メバル・

黒メバル・ノドグロ・マゴチなどを握ってくれた。

「日本海の魚は旨ぇ~!

 

 

 

板さんと魚の話に花が咲いた。


 

― 五十嵐川・渋海川釣行 2日目 ―

 

 

    朝5時起床。 

   渋海川へ行く前に当初予定していた信濃川本流を見に行く事にした。 

    信濃川の長生橋近くに車を停めた。橋の上から川を覗くと水は味噌汁状態(泥濁り)で ゴンゴン流れだ。

 やはりこれだけの大河になると水況が落ち着くまでに相当の日数がかかるのでしょうね。

 

信濃川本流。 1尾でもいいから信濃川本流のハエを釣ってみたかった。

 

 

 

◆信濃川を後にして目的河川の渋海川へ向かった。

 

    今日は昨日より一つ上流の橋から竿を出す事にした。

  瑞穂橋という橋に行った。川はいい感じに見えるんだけどどうかな?  川へ降りる所が無くて結構探した。

 

瑞穂橋上流。

ここの瀬は中バヤが多くてまいったね。あっちこっち振り回されちゃったよ。ハエはポッツリポツリという感じ。

瑞穂橋上流。1時間30分・28尾

関東の感覚だと、こういう場所は瀬を狙いたくなるけど、

ここの瀬はハヤが優勢でぜんぜんダメ。

 

 


 

◆今回最後に選んだ場所は、瑞穂橋から7km位下流にある中沢橋という橋です。

 

  越後のハエと相模の成リンの最後の戦いだ。

 

中沢橋上流。

中州の手前の瀬はハヤだらけだったが、中州の向こうの瀬脇

では良型のハエが釣れた。

中沢橋上流。1時間30分・41尾

ここは数は出ませんでしたが型が揃って楽しかった。

 

 


中沢橋下流。

ここから300m位下流の瀞尻から肩にかかる場所で少し

まとまった数が出た。型も良かった。

中沢橋下流。1時間30分・76尾。

今回竿を出した中ではここが一番良かった。

ほんの少しハエ釣りらしい釣りが出来た。

 

 


  今日は実釣4時間30分で145尾でした。

 数は出ませんでしたが良型が多かったので楽しめました。

  

今回の2日間に渡る新潟釣行で感じたことは、2河川だけしかやってませんがハヤ(ウグイ)が

 非常に多いという事です。新潟県は豪雪地帯がゆえにどうしても早春から初夏にかけて長い期間

 雪代が入ります。雪代による低水温と濁りという水況がハヤを優勢にしているのかもしれません。

 

 また今回、関東で良く釣れる外道のカワムツ・スゴモロコ・アブラッパヤは1尾も来ませんでした。

 

未知の土地でのハエ釣りだったので、「一匹も釣れなかったらどうしよう。」という一抹の不安が

 心の片隅にありました。数は少なかったけれど釣れてホッとしています。

  

 雪深い新潟の山里にもしっかりハエが息づいていた事を皆様にご報告いたします。

  

 

これが越後のハエ。

 

雪深い山里で豪雪に耐えたハエの顔は何処か凛としていた。

 

 

釣りを終え、川を上がろうとして何気に葦の葉に目をやると、あらっ!

 

 

次回のハエ釣り一人旅は9月中旬頃の予定です。

 

(8月は鮎釣りに専念するのでお休みとさせて頂きます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

第19回 (平成30年6月中旬)

 

雨の晴れ間に、埼玉県の数釣り河川・越辺川へ出かけた。

 

 

越辺川は過去40回位訪れている馴染みの川です。

自宅から1時間足らずで行ける利便性の良い 数釣り河川です。

  

 今回、普段あまり釣行しない上流部から竿を出してみることにした。

 まず、関越道上流にある運動広場の前をやってみることにした。この場所は過去に一度だけ来たことのある場所です。

運動広場に車を停めて川を覗いた。一昨日の雨で水がやや高くササ濁り状態です。

 「 最高の水況だ !」 急いで身支度を済ませ、目の前にある瀬脇に竿を入れてみた。

2投目で14cm位の良型が、「お~ いい型だ。」しかし5尾位でアタリが遠のいた。

撒き餌にどんどん寄って来る気配は無い。そこでこんどは瀞に竿を出してみたが何尾か釣れただけ。

 

  その後上流の石のやや粗い瀬に入った。バタバタっと良型が釣れるが間もなく止まる。

何か花火がドーンと上がって直ぐ終わってしまう感じだ。「ここは魚薄いね。」

 

関越道上流、運動広場前の上流風景。

瀬ではバタバタっと来るが続かない。

 

関越道上流、運動広場前の下流風景。

瀞は厳しかった。瀞尻の肩に近い場所で

ボツボツ釣れた。

運動広場上下流。1時間・50尾。

ここは魚が薄い感じでした。

以前来た時はもっと釣れたのに‥‥。

 


ササ濁りで水況は最高なんだけど‥‥‥。

 

 

土手から越辺川の源、秩父連山を望む。

 

 

 

 

◆次に3km位下流の高坂橋下流にある木橋に行った。この場所はちょくちょく訪れている場所です。

 

 

 

木橋から上流を望む。

 

 

木橋上下流。下流の瀬周りを攻めたが、増水気味のせいか思った程釣果が上がらなかった。ラスト10分位、橋のすぐ上の瀞尻で入れ食いだった。

「もう30分ここでやりたいなぁ~。」ダメダメ、1時間と決めたら1時間で止めなきゃダメ。後ろ髪を引かれる思いで止めた。

  

木橋上下流。1時間・82尾。朝行った運動広場前と比較

するとだいぶ魚影が濃い感じがした。

「橋の下流のパッとしない瀬で時間使い過ぎちゃったよ。」


 

◆次に木橋から2km位下流の水管橋へ向かった。水管橋上下流は、私が越辺川で 一番好きな場所です。

この辺まで来ると水質は少し悪くなりますが魚影はバツグンです。

 越辺に来た時には必ずと言っていい程立ち寄る場所です。裏切られる事が少ない場所なんです。

  

 ※ここは バス・フイッシャーも多いのでトラブルにご注意を。

 

水管橋上下流。過去に何度か爆釣経験もある場所です。

今回も魚影は濃く、場所によっては入れ食いだった。

水管橋上下流。1時間30分・188尾。

型もまずまずでインデアンも結構混じった。

水通しの悪い所はスゴモロコも混じる。

 

 


(越辺の番長)

 

 

 

◆最後は水管橋の500m位下流にある天神橋の下流でやる事にした。ここも良く来る場所です。

 

 

 

天神橋下流。川に目をやると無数にハエが跳ねていた。

魚影はかなり濃い感じでしたが、ちょっと変なアタリも混じり、ハイペースになりそうでならない釣りでした。

でも100尾/hはクリアーしてるのでまずまず納得。

 

 

天神橋下流。1時間30分・160尾

ここは全体に魚は小ぶりでした。150尾/h位いっても

おかしくない魚影だった。


 今日は実釣5時間で480尾でした。

  

最初に行った運動広場前は魚影が薄い感じでしたが、木橋から下流域は相変わらず魚影が濃いので、

 今年も秋まで数釣りが楽しめそうです。

 

梅雨のほんの一時、越辺川で楽しい時間を過ごした成リンでした。

  

 帰り際、空が急に暗くなり雷が鳴り始めた。

 

ねむの木も梅雨の晴れ間は嬉しそう。

 

 

 

次回のハエ釣り一人旅は7月中旬頃の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆番外編

 

 

成リンが関東の強者集団・入間クラブの6月例会(栃木・思川)に参加してきた。

 

 

 

平成30年6月10日

 

 入間クラブは関東の西部に拠点を置く歴史あるハエ釣りクラブです。現在はJFTで活躍された河行賢次さんが会長を務めておられます。

 今も腕の立つ名手が数多く在籍し関東の各大会で活躍しています。ここのクラブの選手の特徴は、一見派手さは無いのですが底力のある選手が多いんです。いわゆる玄人受けする選手が多いのです。いったんツボにはまったら手が付けられない選手達なんです。

  

 先日、この会の名手・大山さんから「この前、思川に行って来たんだけど結構釣れたよ。」とお聞きし、6月の例会を思川で行うというので参加させて頂きました。

 

当日の思川はかなり減水していた。

 

 

 当日は台風接近で昼頃から雨模様との予報。私は集合時間より早めに現場に到着して川の水況を見ていた。するとまもなく入間クラブのメンバーもぞくぞくと到着。「成田さん、今日は宜しくお願いします。」「こちらこそ、今日はお手柔らかに頼みます。」挨拶を交わしていると、今度はHATやまべ釣愛好会の浅見ご兄弟と新田さんも参戦にやってきた。選手達の熱気で思川から湯気が上がりそうだ。

 

 吉本幹事長より試合ルールの説明が行われ、2時間の試合を3試合行う事となった。

 

 午前7時、石ノ上橋で第1試合がスタートした。橋の上流へ数名、橋の下流の瀬落ち方面へ5名、私と江東さんはスタート地点近くに入川。私は瀞から浅瀬へ。しかし浅瀬は魚はいるものの以外にペースが悪いので瀞へ戻った。後半少し苦しかったが、まずまずの釣果で結果は2位だった。

 

 続いて第2試合、小山大橋下流でスタートした。私はスタート地点のすぐ前に入川 したが、アタリが変なので直ぐに上流へ移動。水通しの良い瀞へ入った。入れ掛かりでしたがペースダウンしたので水深のある方へ移動。「ここも入れ掛かりじゃん。」と思った瞬間、パタリとアタリが止まった。近くでヤマベがピョンピョン跳ねた

。バスが寄ってる様だ。最後に上流の瀬脇に入って数を稼いだ。結果、第2試合はトップでした。

 

 そして最後、間中橋上流に移動して軽い昼食。そして第3試合がスタートした。雨が降り出した。

 私は狙い場が定まらず、あっちこっちウロウロしてスタートが出遅れた。瀬落ちに入川したがどっちつかずのペースだった。その後、やや水深のある瀬に入り良型混じりで数を稼いだ。最後に追い込んだが、やはり出遅れがひびいて結果は2位だった。

 

 猛者達と計6時間の激しいバトルを終えた。

 今日の試合内容を自己採点すると、ギリギリ合格点(70点)といったところかな?

  

 入間クラブの選手の皆様、本日はお手合わせ頂きまして有難うございました。 

 

 

入間のよっちゃん こと吉本義郎さん。

現在、入間クラブの幹事長を務めています。

関東四天王の一人と言われ、その凄腕は今も健在です。

他の釣会の人達とも交流の深い大山恭司さん。

もちろん釣技も一級品、バリバリのトーナメンターです。

 

 


近年、入間クラブで優勝しまくっている武田文和さん。

武田さんは、私が競技を始めた頃、もうすでに関東で

名の通った人でした。しかし、一時期ハエ釣りから遠ざかっていたらしく名前が消えていました。ところが近年、以前にも増した剛腕で暴れまくっているのです。

 

熊ちゃんの愛称で親しまれている小熊茂さん。

入間クラブのムードメーカーです。でもそれだけではありません、全関東やまべ釣り大会で優勝経験もある人です。


入間川にとことん精通している江東洋一さん。

入間川には踏まない石が無いというぐらい入間川 を知り尽くしている人です。

 

 

 今回は河行会長やJFTで大活躍した木村安雄さんが都合で不参加だったのがチョッピリ残念でした。

 入間クラブには今回ご紹介できなかった凄腕の人がまだまだいます。

 

 今後ともお互い釣技向上を目指して切磋琢磨していきましょう。

 最後に余計なことかもしれませんが、お互い若くないので無理のない釣行を心掛けたいものです。

 

 入間クラブの皆様、当日はなにかとお世話になりました。感謝申しあげます。

 

 

 ところで最終的に成リンの成績はどうだったんだよ?

 まぁ~いいじゃないですか、自分の口から言いづらいよ。 下の写真を見て想像してみて下さい。

 

 

  

 

 

 

 

 

★第18回 (平成30年5月上旬)

 

●薫風にさそわれて、静岡県伊豆の名川・狩野川へ出かけた。

 

 

狩野川と言えば昔、各釣具メーカーのハエ釣り全国大会や地区大会が開催されていました。

 また、日曜日ともなると多くの釣会がバスを連ねて例会に訪れていました。

 まさに関東No.1のハエ釣りメッカでした。

 

 昔から関東でハエ釣りをされている方なら、何度となくこの川に足を運んでいると思います。

 私もハエ釣りを始めた頃は足繁くこの川へ通い、多くの仲間と切磋琢磨しておりました。

 そして、この川でいろんな大会に出場し、競技の厳しさ、楽しさを知りました。

 私にとっては忘れる事の出来ない川です。

 

そんな狩野川も、ハエ釣り競技者の減少とハエ自体の減少が相まって、近年めっきり釣行する人

 が少なくなってしまいました。

  私も10年以上ご無沙汰しているので久し振りに出かけてみました。

  

 最初に、5月頃だったらこの辺が良いだろうと思った大門橋下流に行った。

 8時ちょっと前に橋の下流に到着。早速土手に登って狩野川の流れを目にした。

 目の前の瀞尻にはさざ波が立っていてとてもいい感じ。一投目からバタバタ来そうな雰囲気。

 (成リン、もうそわそわ落ち着きが無くなっている)

 

  急いで身支度を済ませ瀞尻の左岸から静かに入川した。しかし全くアタリが無い。

 すぐさま5m位前に出た。ようやく1尾来た。ところが、そのたった1尾だけで後は来ない。

 「ウソだろう‥‥。」 その場所を早々と見切って左岸寄りの分流へ急ぎ足。しかし‥‥‥

 

大門橋下流から城山(左側に突き出た山)を望む。 この山を見ると「狩野川へ来たんだなぁ~」という実感が湧きます。

 

 

大門橋下流の左岸寄りの分流。

数が拾えそうなこの分流でもポツリポツリだったので何か嫌な予感がした。

大門橋下流の右岸寄りの本流。

瀬の中でいきなりギューン。

「ヨッシャ」と気合を入れたとたん

1尾、2尾でお終い。ガックリ来るよ。

 

大門橋下流。1時間30分・29尾。

いろんなポイントに竿を入れて、たったの29尾。かなりキツイよ。

 

 


 

◆大門橋下流でいきなり気勢をそがれましたが、気を取り直して下流の千歳橋に向かった。

  この橋は良く通った橋で、若い頃、真冬にヘソまで立ち込んで釣っていた場所です。

 

 

何ヶ所か竿を出したがアタリが非常に遠い。

ここは鮎が結構付いていたので、鮎の筋は外して釣ったんだが‥‥‥。

千歳橋下流。1時間30分・22尾。

魚は小さい、数は出ない、いろいろ場所替えしても何処も

パッとしない。「釣れないなぁ~」

 

 


 

◆最後はそのすぐ下流の「すみよし館前」で2時間やることにした。

 

「すみよし館前」

ここはヘチに稚魚が多く見えた。ザラ瀬の落ち際、水深30

~40cmぐらいの所で少しまとまった数が出た。

そこから下流の水深のある方はポツリポツリでした。

「すみよし館前」 2時間・65尾。

2時間でたった65尾なのに、前の2か所があまりにも酷かったので、この数でも釣れた気がしたよ。

 

 


(太ったおばちゃんバエが来た。)

 

この一匹だけやけに体高があったので、抜いた直後「これハエか?」と一瞬疑ったよ。

                          だって、これマグロみたいな体型じゃん。(笑)

 

 

  今日は実釣5時間・116尾でした。

  

  久し振りの狩野川に胸躍らせたのですが淋しい結果に終わってしまいました。

 

  全体に数も出ないし型も小さかった。今日釣った一番デカイ奴でも14cm位です。

 大型(15㎝以上)は1尾も出ませんでした。それと、5月だと言うのにインディアンが

 1尾も混じりません。「ちょっと早いのか?」いやいやそんな事ないよね、ゴールデンウィークなんだもん。

  以前の狩野川だったら、この季節に色の出かかっている大型インディアンが沢山混じったのに‥‥‥。

  

 ただ今回、チラチラ魚は見えたので、あと1ヶ月位すると数のほうは上向くのでは?

   

一日も早く、以前のように大型がギュンギュン竿を絞る狩野川に戻ってほしいと祈る成リンでした。

   

  

河原には春紫苑の花が咲き乱れ初夏の到来を告げていた。

 

 

 

次回のハエ釣り一人旅は6月中旬頃の予定です。

 

 

 

 

 

 

★第17回 (平成30年1月中旬)

 

厳寒の時期でも釣れる、静岡県・三島市を流れる御殿川へ出かけた。

 

 

御殿川は過去7回訪れています。

 川と言っても、用水路に毛の生えた程度の小さな川です。

 小型主体ですが魚影の濃い川です。厳寒期でも水温が高く瀬釣りが楽しめるんです。

  もう一つの特徴として、この川は何故か瀞場はあまり良くないんです。 

どうしても極浅の瀬周りを攻めないと 数は伸びません。 

 また、川幅が狭くチャラチャラの川なので、大河川を多くやられている方には 釣趣に欠けるかもしれません。

  

朝8時ちょっと前、御殿川の八反畑橋に到着。近くの土手沿いに車を停めて早速川を覗いた。

 すると瀬の開きでハエがピョンピョン跳ねている。「これ冬の川じゃないよなぁ~。」

 「お前らピョンピョン跳ねてる場合じゃないぞ! 成リンに根こそぎ釣られちゃうよ。」

  

早々と身支度を済ませて橋の上流へ。そしてザラ瀬の中のちょっとした溝に竿を入れた。

 一投目にギュッという強いアタリ、しかし空振り。二投目で10cm弱の元気なハエがきた。

 水温が高いせいか、この時期とは思えない引きです。いいペースでしたがやはり浅いので長続きは

 しません。その後、ここぞと思うポイントを見定めて場所移動を繰り返した。

 

八反畑橋上流。川幅が狭く浅いので場所移動には神経を使う。

 跳ねがある割には数が出なかった。

八反畑橋下流。100m位下流に流れが絞られて石の粗い場所があり、その周辺でまとまった数が出た。

 

 

八反畑橋上下流。

1時間30分・156尾

この川としたらまずまずの型かな。


御殿川はこのようなザラ瀬を細かく攻めていかないと数は伸びません。 水深のある瀞場はカワムツも多く数を望めません。

 

 

 

◆次にすぐ下流の水管橋へ行った。

 

水管橋上流の瀞。 数が出ないとわかっていても、ついつい竿を出してしまった。魚は見えるのだが‥‥‥。 増水して濁りでも入ったらバカ釣れするんじゃないかな。

 

水管橋下流。 6~8㎝クラスのチビちゃん達が多いので、少し大きめのハエがくるとやたらデカく感じた。

水管橋上下流。1時間30分・104尾

上流の瀞場で時間ロスしてしまった。

 


御殿川では、これぐらいのサイズ(12cm前後)が最大クラス。

 

 

 

◆最後は八反畑橋すぐ上の、八反畑上橋の上流を攻めてみる事にした。

 

八反畑上橋上流。 橋の少し上流の水門の上下で数が出た。

この場所は、以前は藻が多かった所ですが今回はほとんど無かった。

八反畑上橋上流。1時間30分・132尾。

6~8cmクラスが多かった。この釣果の約半分は、水門周辺にあるちょっといやらしい場所で釣った。(笑)

 

 


 

  今日は実釣4時間30分で392尾でした。

  

 こんな寒い季節なのに瀬の釣りを楽しめました。ザラ瀬の流心にも魚が入っているのにはビックリです。

活性が高いと言うより、むしろ高過ぎて、ハエが餌を迎えに来てしまうので少し釣りづらかった。

  

 厳寒の季節に、細の日だまりでチビちゃんと戯れた成リンでした。

 

 

冬枯れの中にも春の息吹が。

 

暖かい季節になって、本流筋で竿を振れる日が待ち遠しい成リンです。

 


 

次回のハエ釣り一人旅は5月中旬頃の予定です。

 

(2月・3月・4月の3ヶ月間はオフとさせて頂きます。)