成リンのハエ釣り一人旅

 

平成30年(後半)


 

 

 

 

 

 

  第21回(平成30年9月中旬)

 

 

秋の気配を感じながら、茨城県の爆釣河川・山田川へ出かけた。

 

 

山田川は80回以上も訪れている川です。

 近年は回数が減りましたが、以前には年に十数回訪れた年もありました。

 私の好きな川の一つです。魚影が非常に濃く、幾度となく1,000尾越えを経験している河川です。

  

 私が初めてこの川を訪れたのは今から30年以上前です。当時は綺麗な河原があちらこちらに拡がっていた。

それが現在は草木がボウボウ生い茂り、ほとんど河原は無くなってしまった。

その為、出水の度に草木の根本が掘れて淀んだ深みが多くなってしまい、昔とはだいぶ川相が変わってしまいました。

  

 当時の外道の主役はハヤ(ウグイ)だったのですが、現在はカワムツに変わりました。

 また、当時は瀞場で竿を出していると時々タナゴも釣れました。

  小河川ですが、現在も多くのハエ釣り愛好者から愛され続けている貴重なハエ釣り河川です。

  

 

 朝8時ちょっと前に滝名子橋のたもとに到着。早速橋の上から川を見ると、一昨日の雨のせいか水量が多く

ほんのすこ~し濁りが残ってる感じです。最高の水況です。

 橋のすぐ上流の平瀬脇でハエがキラを打っています。成リンそれを見てヨダレがダラダラ。

 「ヨッシャ~、釣ったるで!」急いで身支度を済ませて橋の上の堰下へ直行。

  

 今日は水量が多い為に堰直下は白泡が強くヨレもきついので、少し下の流れ出しの周辺に竿を入れた。

一投目から浮子がスースー消し込みバッタバッタです。 

 

 

 

 

久米堰下流。

アタリがとっても素直でした。最後に下の平瀬にも竿を出してみました。ネリ餌に魚が飛びついてくる感じです。

 

 

久米堰下流。1時間・173尾。

山田川サイズ(7~8㎝)が多かったけれど楽しい釣りでした。

 増水気味のせいか魚が浅場に出ている感じです。


(秋の空)

※今日は曇天微風で絶好のハエ釣り日和です。 

 

 

 

 ◆次は堰の上流を1時間攻める事にした。

  

※この場所は春のトーナメントの時に非常に苦労した場所です。

 魚はウジャウジャいたのですが、水が少なくて魚が右往左往し数が出なくて四苦八苦した場所です。

 でもハエは多く見えたので、増水時にはきっと良い釣りが出来ると思っていた場所です。

 

 

久米堰上流。

堰の上、500m位のザラ瀬脇から竿を出した。一投目から

入れパク。すぐ下流の浅瀞も今日は水量が多いので流れが有り、こっちも入れパク。撒き餌の後ろにはハエの行列が出来た。

久米堰上流。1時間・216尾。

最初入川したザラ瀬では中型がバタバタ。下の浅瀞もさざ波が立っていて絶好調。小型主体でメチャクチャいいペース。

久し振りの2束越えです。竿が曲がりっぱなしでした。

 

 

 


 

◆次は岩手橋の下流にある高柿木橋へ向かった。

  

※この場所は32年前、私が山田川で初めて竿を出した場所です。

 当時は橋の下流に夏みかん位の大きさの石が敷き詰められていた長い瀬がありました。

 その瀬尻で竿を出した記憶が残っています。

 当時はまだニードルシステムがなかったと思います。

   

 今日は橋の上流から攻める事にした。

 

 

高柿木橋上流。

スタート直後は非常にいいペースだったが、途中で急に変な

アタリが多くなったので少し下流を深めに立ち込んだ。

それが失敗。ムツが混じりだした。でもその場所で最後まで粘ってしまった。 

 

高柿木橋上流。1時間・138尾。

撒き餌に魚が真っ黒に寄ったのにこの尾数は情けない。

途中で深めに立ち込んだのがまずかった。


 

◆次は橋の下流を1時間やってみよう。水量が多いので良さそうに見えるけど‥‥‥。

 

高柿木橋下流。

瀬の落ち口、そして下流の瀞尻、その下の瀬、何処も入れ食い。特に下の瀬ではエイトビートのリズムでハイペース。

高柿木橋下流。1時間191尾。

瀬の落ち口では若干の外道が混じりましたが、下流の瀬周りはハエオンリー。

 

 


 

◆今日の最後は常井橋に決めた。

 

橋の下流を1時間やって終わりにしよう。「気合入れるぞ!」

 ピーヤの所を急いで降りて入川した。

 

常井橋下流。

橋の直下の瀬ではある程度拾えたが、そこから下流は全然だめ。今日は水量が多いので押しが強く水深があり、型は良いが数は全然出ない。芯を外すとムツだらけ。

 

 

常井橋下流。1時間・89尾。ここはやたらムツが多くて

気合いが空回りしてしまった。最後は集中力が途切れてしまいました。


君はカワイイ顔をしてるけど俺は好きじゃない。特に試合の時は(笑)

 

 

 

今日は実釣5時間・807尾でした。

 

 季節は秋、曇天微風、水量多めで若干の濁りあり。この上ないコンディションでした。

 ここ4~5年、「ハエがちょっと少ないなぁ~。」と感じていたのですが今年は多いわ。

  浅目のヘチには新子が沢山群れていてハエが湧いている感じです。今年は晩秋まで楽しめると思います。

 

 成リン、秋の山田を独り占め。 「やっぱ山田は裏切らないね‥‥‥。」

 

 

 

 

河川の周囲の田んぼが黄金色に染まっていた。

 

 

 

次回のハエ釣り一人旅は10月中旬頃の予定です。